WordPress

goolge consoleでrobots.txt エラー内容と改善方法【WordPress】

 

以前からgoogle consoleのrobots.txtのエラーが気になっていました。

今回直せたので、その方法を紹介します。

 

robots.txtとはどういうもの?

Googleのクローラーにサイトのアクセス制限を設ける設定ファイルのことです。

絶対の強制力はないようなのですが、このディレクトリはアクセスして欲しくないからチェックしないでね。

というのを記述します。

 

SEOの観点からも不要なものは、除外したいですよね。

 

robot.txtのエラー内容

 

User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php

Sitemap: https://〇〇.com/sitemap.xml

 

始めの3行に警告が出ていました。

WordPressのログインページはクロール不要なので、除外については分かります。

 

ログインページのディレクトリを除外していて、許可ディレクトリにログインディレクトリ配下のPHPファイルが指定されていました。

 

これは矛盾しているから、ということでしょうか。

 

修正robots.txt 内容

初めて、robots.txtのGoogleのヘルプページ、SEO関係のサイトを見て回りました。

解決方法は

  1. 空のrobot.txtを置く
  2. 除外指定なしのシンプルなrobot.txtを置く

というものでしたので、私は2でいくことにしました。

 

上記で分かる通り、記述に矛盾があるので、それを修正します。

User-Agent: *
Disallow:
Sitemap: https://〇〇.com/sitemap.xml

 

User-Agentですべて、Disallowを無指定にしてあります。

Sitemapは間違いは無かったので、そのままにしました。

 

Googleのrobots.txtのテスターでチェック

Googleのrobots.txtのテスターで上記のコードを貼り付けます。

そうすると、警告が0になりました。

<Google robots.txtヘルプページからテスターページにもアクセス出来ます。>

 

 

  1. 警告が0を確認し、右下の送信をクリック。
  2. その後、robots.txtのダウンロード。
  3. ダウンロードしたrobots.txtをアップロード。
    (アップロード先は、ルートディレクトリ)
  4. 公開中のバージョンの確認。
  5. 公開中のバージョンの送信。

以上で完了です。

 

まとめ

robots.txtの警告はgoogleのインデックス、順位に大きく影響するので、ほっとかずに早めに対処しましょう。

 

意外と簡単でした。

ABOUT ME
ひろち
自分を生きるの実践記録。日常で思ったことを書いてます。 INFP

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください